プルーフコイン鑑定・査定塾【買取額や価値を学ぶ】

プルーフコインっていったい何なの?概要と購入方法

特定の物を集める事を趣味とするコレクターは様々な物品に対して存在しますが、政府が発行している貨幣にもコレクターは存在するものです。 殆どの人が日常的に百円玉や十円玉と言った貨幣を使用しているはずですが、国が発行している貨幣にはそう言った一般通貨としての貨幣とは別に、コレクター向けに特別な処理で作られた貨幣も存在します。 それがプルーフコイン、プルーフ硬貨等と呼ばれる硬貨です。 プルーフコインは毎年発行されていますが、基本的には一円玉から五百円玉まで、それぞれ毎年同じデザインでセットになっています。

そしてそのプルーフコインにも種類が大きく分けて2種類あります。 1つは毎年政府が発行しており、一円玉から五百円玉までの6枚をセットにしている通常プルーフコイン。 そしてもう1つは何か特別な記念行事や出来事があった場合に発行される記念プルーフコインセットです。

記念プルーフコインは歴史的な記念が理由で発行されることも多いですが、発行理由は歴史的な記念だけとは限りません。 日本人の殆どが名前を知っているような、国民的で長寿なアニメ作品の50周年・60周年の記念で発行されることもあります。 こうした記念プルーフコインは、コイン自体のデザインは通常と共通ですが、ケースの色や年銘板の図柄が特別仕様となっており、物によっては国の製造販売が終わった今も、コレクターの間で高額で取引されている事も少なくありません。

プルーフコインは国が発行している物なので、基本的な購入手段は造幣局へ問い合わせて通販購入になります。 ですが数量は限定されておりコレクターも多いので、短期間で売り切れてしまうことが多いです。 造幣局による通販が終了してしまったプルーフコインセットは、古銭を取り扱う中古品販売業者から購入することになるでしょう。 リサイクルショップで見かけることもありますが、古銭を専門にしているお店も多いですし、専門店であれば相場の知識も豊富にあるので、適正価格で購入できることも多いです。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

プルーフコインの査定を自分でしたいが分からない…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

基本情報

プルーフ貨幣セット

コイン査定業者