江戸開府 400年記念

「コイン査定の仕組み」を解説した完全無料・WEBセミナー動画プレゼント!

Pocket

プルーフ貨幣セットは、造幣局製で昭和61年度から特殊な技術を用いて造られたプルーフ貨幣をセット販売しています。造幣局の高度な技術によって、美麗な鏡面と鮮明な模様に仕上がった貨幣です。

江戸開府400年記念プルーフ貨幣は、記念プルーフ貨幣セットとして造幣局から発売されました。江戸開府400年記念プルーフ貨幣の名称は、江戸開府400年記念2003プルーフ貨幣セットです。1603年に征夷大将軍徳川家康が江戸幕府を創設しました。2003年は400年目になる年です。江戸開府400年を記念して、プルーフ貨幣セットが販売されることになりました。

江戸開府400年記念プルーフ貨幣セットの詳細は、年銘平成15年の1円玉から500円玉までのプルーフ貨幣が1枚ずつとメダルが入っています。額面は666円になります。販売セット数は、5,000セットです。当時の販売価格は7,500円でした。

江戸時代は、日本の歴史の中で重要な時代です。日本の魅力を感じられ、新い発見もある価値のあるプルーフ貨幣です。江戸開府400年記念の記念プルーフ貨幣セットは、現在でも人気があります。買取相場は4千円から5千円です。プルーフ貨幣セットの中でも販売セット数量が大変少ないこともあり、今でも高値で取引されています。

同じ平成15年に、江戸開府400年記念貨幣セットのミントセットのも発売されました。プルーフ貨幣セットと同じ1円、5円、10円、50円、100円、500円のプルーフ貨幣と銀メダル干支(未)のセットです。販売数は5,000セットで、額面は666円になります。

江戸幕府は長い歴史があります。現在でも江戸の文化は粋として好まれています。そのため、貨幣セットには江戸の美意識や生活文化をデザインしています。世界中に知られている日本の伝統文化は、江戸時代に形作られました。

表の図案は、歌川国郷の東都日本橋行列図の、日本橋を通行している大名行列を基にしています。男性を女性に変えて描かれています。裏には、江戸開府400年記念事業ロゴマークが入っています。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

プルーフコインの査定を自分でしたいが分からない…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

関連記事