造幣東京フェア

「コイン査定の仕組み」を解説した完全無料・WEBセミナー動画プレゼント!

Pocket

コインの収集家にとって美しく磨き上げられたプルーフ貨幣は魅力的で、高い人気があります。
造幣局は昭和62年度から継続的にプルーフ貨幣を発行しています。
これらのコインは流通目的とは異なり、あくまで収集や鑑賞を目的として購入されています。
一般的に古いコインは表面の劣化が進んでいますが、プルーフ貨幣は観賞用にも適するように磨き上げられて光沢があります。
輝きや模様を鮮明にする技術でコインは製造されており、単に古銭を綺麗にしただけではなく、絵柄や模様を高度に鮮明化した特別な仕様です。
収集家にとって、コレクション用としても観賞用としても、手元に置く価値の高いコインになっています。
造幣局が発行するプルーフ貨幣としては、数年にわたって継続して発行している「造幣東京フェア」があります。
イベント用の記念コインとして、製造年度ごとに特徴のあるプルーフ貨幣のセットです。
国内で流通している硬貨は計6種類ですが、「造幣東京フェア」のプルーフ貨幣はこれらを全て揃えたセットとして販売されています。
もちろん普通のコインをセットにしているわけではなく、特殊技術によってデザインが極めて鮮明で、美しさを際立たせたコインです。
「造幣東京フェア」では、一般的な硬貨に加えて、銀メダルなどの特別な硬貨を同時収納している場合もあります。
各年度で特徴のある記念硬貨になっているため、希少性もあります。
但し、他の種類の古銭のような高い価格ではないため、リーズナブルな価格で購入できる点も特徴です。
価値の高い古銭であれば数万円から数十万円程度の価格が付く場合もありますが、「造幣東京フェア」のプルーフ貨幣は市場価値として2千円から数千円、1万円程度です。
プルーフ貨幣の購入や売却は、コインの買取専門業者を通じて行うのが一般的です。
買取業者の場合は、実力を備えたコインの鑑定スタッフが在籍しているのが一般的ですが、それでも査定価格が業者によって異なる場合があります。
購入や売却を考える場合は、信頼性のあるいくつかの買取業者を比較して、最も条件の良い業者を選ぶことが大切です。
「造幣東京フェア」のプルーフ貨幣は、販売年度によって市場価値に違いもあります。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

プルーフコインの査定を自分でしたいが分からない…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

関連記事