ハローキティ誕生30周年

Pocket

ハローキティ誕生30周年プルーフ貨幣セットは、2004年に発売されました。ハローキティの発売は、キャラクターメダル入り貨幣セットシリーズの第三弾になります。第一弾は鉄腕アトム、第二弾ミッキーマウスでした。
プルーフ貨幣は、収集用に特別に製造した貨幣です。貨幣の表面には光沢があり、模様が鮮明で浮き出たように見えます。

ハローキティ誕生30周年プルーフ貨幣セットの内容は、平成16年銘の1円玉、5円玉、10円玉、50円玉、100円玉、500円玉のプルーフ硬貨とカラーメダルです。
正式名称は、ハローキティ誕生30周年2004プルーフ貨幣セットで、造幣局販売価は13,000円でした。販売数量は50,000セットです。貨幣の合計額面は666円ですが、ハローキティのキャラクターのメダルが入っています。そして、ケースに描かれているキャラクターがかわいく、発売当初は大変人気がありました。

ハローキティは1974年に誕生しました。このケースに描かれているデザインは、発売当初のキティちゃんです。顔は正面を向いていますが、横向きに座っている姿は懐かしく感じます。ハローキティにはプロフィールがあり、家族や友達がたくさんいます。キティには双子の妹、ミミィがいます。姉妹の区別はリボンで判断します。姉キティの赤いリボンに対して、反対に黄色のリボンをしているのがミミィの特徴です。

ハローキティ誕生30周年プルーフ貨幣セットが発売された2004年には、ほかにもハローキティの通貨や切手が発売されています。2月6日は、日本でハローキティデザインのシール式郵便切手が発行されました。かわいいと大変人気で、同年7月6日には再発行はされています。6月は、南太平洋の国であるクック諸島でクックアイランド・ドルの記念金貨と銀貨が発売されました。
9月には、日本の造幣局よりハローキティ誕生30周年記念の貨幣セットの発売がありました。

現在でもハローキティ誕生30周年プルーフ貨幣セットの人気が続いています。しかし、造幣局販売価格より買取相場は下落しています。約5,000円ほどを維持していますが、美品や新品のものはもっと買取相場はアップします。欲しい方は、高価買取業者から購入することが可能です。

埼玉県にある造幣さいたま博物館では、様々な記念プルーフ貨幣セットの展示があり、ハローキティ誕生30周年プルーフ貨幣セットも展示されています。入場は無料なので、実際に貨幣セットを見てみたい方におすすめです。

関連記事