ゲゲゲの鬼太郎アニメ化50周年

「コイン査定の仕組み」を解説した完全無料・WEBセミナー動画プレゼント!

Pocket

人気アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」、週間少年マガジンに連載された「墓場の鬼太郎」のシリーズを原作に、1968年(昭和43年)にテレビ放映されテレビアニメ化されました。2018年には、鬼太郎アニメ化から50周年の節目を迎える事から、造幣局において記念した2種類の貨幣セットが販売されました。この貨幣セットは、コレクションの一つとして又記念品として収蔵するのには嬉しい物です。2種類の内の一つが2018プルーフ貨幣セットです、このセットは「平成30年銘」の五百円から一円までの硬貨幣6種類のプルーフ貨幣と銀メダル1枚を特製革ケースに収納されているセットです。銀メダルの表面には、鬼太郎と目玉おやじが一反もめんに乗り、空を飛ぶ様子がカラー印刷で表現されていて、レリーフ(浮き彫り)加工されています、直径35㎜、約20gで素材は925位銀仕様になっています。裏面は目玉おやじが、お碗風呂で入浴している様子がノンカラーで表現しています。この銀メダルには、「階調梨地」加工技術を用いています、表面に細かな凹凸を刻む事で、光を乱反射させ梨の表皮のような質感に仕上げるものです、梨地によるグラデーション(階調)を付ける加工技術で、今回の銀メダルは3段階のグラデーションを付けています。表面展示の使用時、ゲゲゲの鬼太郎に登場する主要キャラクター達、ねずみ男、子泣きじじい、ねこ娘、砂かけばばあ、ぬりかべ、の妖怪をカラーデザインしてあります。裏面時は、ノンカラーデザインです。プルーフ貨幣とは、特殊技術を用いて、表面を鏡面仕上げにして、模様を鮮明に浮き出させた貨幣の事をいいます。もう一つが50周年記念貨幣です、平成30年銘の未使用品五百円から一円までの硬貨幣6種類と丹銅製の年銘板メダルを特製ケースに組み入れた物です。プルーフ貨幣セットが、販売予定数20000セット、販売価格13371円(消費税・送料込み)、50周年記念貨幣セットが50000セット、2400円(同様)にて造幣局の通信販売で受け付けされました。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

プルーフコインの査定を自分でしたいが分からない…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

関連記事