プルーフコイン鑑定・査定塾【買取額や価値を学ぶ】 > 基本情報 > プルーフ貨幣セットとはどんなもの?価値や購入方法について

プルーフ貨幣セットとはどんなもの?価値や購入方法について

「コイン査定の仕組み」を解説した完全無料・WEBセミナー動画プレゼント!

Pocket

プルーフ貨幣セットという言葉をよく耳にする機会がありますが、一体どのようなものか見当が付かないという方も少なくないと思います。
そもそもプルーフ貨幣と呼ばれている貨幣は通常の貨幣とどのように違っているのでしょうか。
プルーフ貨幣は日本では1987年に造幣局が収集専用の貨幣として特別な加工を施した貨幣として製造されたものです。
プルーフ貨幣はあくまで収集や鑑賞目的として製造されており、表面が鏡のようにピカピカとなっているなど美しい貨幣となっています。
製造方法も独自のものであり表面部分を磨きあげた極印と呼ばれる金型を使用しているだけでなく、通常の貨幣よりも絵面部分を鮮やかに表現するために圧印を2回打ちするなど独自製造によって美しさを保っています。
造幣局では1987年からプルーフ貨幣セットの販売を行っており、現在では多くの種類のプルーフ貨幣セットが販売されています。
プルーフ貨幣セットの販売は基本的に通信販売によって購入することが可能となっており、造幣局のホームページから確認することができます。
気になるプルーフ貨幣セットの中身についてですが、通常のプルーフ貨幣セットには1円、5円、10円、50円、100円、500円の合計666円が入っています。
1987年から毎年定期的に販売されていますが、2003年から発行されたものについては年銘板が有と年銘板が無の2種類を選択することができるようになりました。
プルーフ貨幣セットの価値についてですが、正直そこまで大きな期待を持つことができません。
何故かというと毎年定期的に発行されており、入手も容易であることからプレミア価格は付きにくいとされているのです。
例外的に元号が変わった年の平成元年や令和へと年号変更される前の平成30年のプルーフ貨幣セットは今までの年代より高値が付いていますが、数千円の範囲なので手に入れやすいのが特徴です。
通常のプルーフ貨幣セットはそこまで高値が付くことはありませんが、桜の通り抜けや世界遺産などの記念プルーフ貨幣セットは流通量も少なくプレミアが付くこともありますので、高値買取を目指す人はチェックしてみるのも一つの手です。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

プルーフコインの査定を自分でしたいが分からない…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

関連記事