プルーフコイン鑑定・査定塾【買取額や価値を学ぶ】 > 基本情報 > プルーフ硬貨はどんな種類があるの?種類により価値も異なる

プルーフ硬貨はどんな種類があるの?種類により価値も異なる

「コイン査定の仕組み」を解説した完全無料・WEBセミナー動画プレゼント!

Pocket

コレクターが多いと言われているプルーフコインには、さまざまな種類があり価値もそれぞれ異なります。
一見普通に見えて何が良いのかさっぱり分からない、そう思っている人も多いのではないでしょうか。
普通に見えてもやはりコレクターからすれば特別なもので、時には想像以上の値打ちとなることもあります。
値打ちを少しでも高めたいのであれば、第1にできることは、大切に扱うことです。
良い状態を保つため管理にはじゅうぶん気を使いましょう。
プルーフコインでスタンダードな人気といえば、やはりセットです。
プルーフコインのセットは、大きく分けると通常と記念の2つのパターンがあります。
通常タイプは毎年定期的に発売されていて、普通の貨幣が特別な技術で磨かれているものになります。
きれいに磨かれているため、コレクターでなくてもその輝きに見とれてしまうことでしょう。
セットになっているということも、ほかの貨幣とは異なるところです。
よりいっそう硬貨の美しさが引き立てられています。
記念のセットは橋がつくられた、道路が開通されたなど特別な記念日のコインとしてつくられたものです。
コレクターに人気があるのも、だんぜんこちらのタイプとされています。
ケースのデザインにもこだわりがあり、コレクターたちが熱中する理由もうなずけます。
全国都道府県由来のプルーフコインもあり、こちらも特別なものです。
セットとはまた違った魅力があり、1番最初につくられたエリアが最も価値が高いとされています。
アルバムになったプルーフコインもコレクターから高く評価されているシリーズの1つです。
見やすく美しくおさめられていること、特別なことが希少価値の理由につながっているのではないでしょうか。
このシリーズにはいくつか商品があります。
そのなかでも小判タイプは金が使われているものであればより高い価値がつけられ、値打ちの高い低いは金がどれくらい使われているかによって決まります。

コイン鑑定士に興味がある方はこちら

プルーフコインの査定を自分でしたいが分からない…
という方におすすめしたいWEBセミナーがあります。

『ルナコイン』では独学ではどうにもできない査定のノウハウや技術を学べます。

アンティークコインを眺めていると、不安になることはありませんか?

  • このアンティークコインは、本物だろうか
  • 相場金額はいくらなのだろうか
  • 将来、値上がりする可能性はあるのか

まずは、
正しいアンティークコインの知識を身につけよう!

auther

【歴史がわかる】
【相場がわかる】
【将来価値を予測できる】

コインノウハウ入門の決定版、 実践型アンティークコイン目利き入門ウェビナー(動画セミナー) です。

このウェビナーは主として、アンティークコレクションを知りたい初心者~中級者用に構成されており、特に下記のような方々を対象としています。

公式サイトはこちら
当サイトに掲載内容について万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。万一、本サイトの提供情報の内容に誤り等があった場合でも、当サイトを利用することで被った損害について、当社は一切の責任を負いません。また、おすすめやランキングについてWEBアンケート調査(2020年4月実施)による結果であり、特定の会社やサービス、店舗について推薦したり効果を保証するものではありません。

関連記事