プルーフコイン鑑定・査定塾【買取額や価値を学ぶ】 > 基本情報 > 毎年記念に購入したいプルーフ貨幣セットとミントセット

毎年記念に購入したいプルーフ貨幣セットとミントセット

Pocket

プルーフ貨幣セットやミントセットは、独立行政法人造幣局で製造されている、貨幣セットのことを言います。
プルーフ貨幣とは、昭和62年から収集を目的として製造され、特別な加工を施した貨幣のことを指します。
プルーフ貨幣セットは、5百円玉から1円玉までの6種類のプルーフ貨幣と記念メダルなど1枚を、特製の革ケースなどに収納したものです。
中に入っている貨幣は、通常のものよりも美しく見せる為に、表面を鏡のようにピカピカに磨いています。
ですが、流通している貨幣とデザインは同じものになるので、市場において普通の貨幣と同様に使用することが可能です。
プルーフ貨幣の製造方法は、通常の貨幣とは異なります。製造する工程に、とても手が込んでいて、表面を磨きあげた極印(ハンコのやくめをする金型)を使用したり、模様を鮮明に見せる為、圧印を2回打ちするなど、特別な製造方法を施しています。
工程の最後には、人の目で貨幣が美しく完成しているか、一枚ずつ厳しいチェックを行い、不良の貨幣を取り除いています。
尚、日本のプルーフ貨幣は、表面を鏡のようにピカピカに加工し、模様の部分をつや消しにして、浮き出させたものです。
ミントセットは、平成2年以前までは、通常貨幣セットと呼ばれていたものになります。
平成2年以降は名称をミントセットとしていましたが、平成10年度以降は、正式にミントセットと改称されました。
ミントセットは、完全未使用の5百円玉から1円玉までの、6種類の通常貨幣をセットにしたものです。
全ての貨幣を同じプラスチックのケースに収納したもので、記念のメダルなどがプラスされることもあります。
ミントセットは、貨幣セットとして最も価格がリーズナブルになっているので、買い求め易さも特長です。
また、貨幣セットとして最も長い歴史を有するものなので、毎年記念品として収集するのにもオススメです。
プルーフ貨幣セットもミントセットも、大変人気があるものなので、すぐに完売となってしまいますが、造幣局のオンラインショップ、ミントショップ等で購入することができます。

関連記事